白髪染め|白髪隠しの市販おすすめ!

白髪染めはどのくらいのペースがいいの?

最近、白髪染めの質問として多くいただくのが

白髪染めはどのくらいのペースがいいいの?です。

もちろん白髪には個人差がありますが、

早い方だと、約2週間で気になり出します。

白髪の量や、生えている場所にもよりますが、

顔まわりに多い人、分け目に多い人、固まって多い人

によって、きになるスピードが違うようです。

できれば、頭皮のターンオーバーに合わせた

4〜6週は開けた方がいいと言われています。

ヘアカラーは日本の厳しい安全基準をクリアして、

製品化されていますので、通常皮膚トラブルなどない方は、4週間は間隔を開けてから、白髪染めをすることをおすすめしています。

(アレルギーのある方は、お医者さんと相談の上行ってください)

頭皮もお肌と同じ皮膚なので、皮膚のメカニズムに合わせることも大事ですよね!

白髪きになるのが早い場所ランキング

1位 こめかみ もみあげ

2位 分け目付近

3位 つむじ

4位 襟足

です。(髪型や生え癖にもよりますが)

やはり1位は顔まわりですよね!?

顔まわりの白髪は、顔を洗うときに、ターバンで髪を止めたときや、

メイクをするときに鏡でよく見える部分でもありますよね・・

なのでどうしても、目がいってしまうからでしょう。

2位の分け目も、洗面台やエレベーターのライトなど、上からスポットライトが当たるときに、キラッとひかります。

さらに、オフィスワーカーであれば、デスクに座っているとき、

上から覗かれている気がする。。。という方も。

なので、職場の男性陣は、女性の白髪については、

「そろそろ染めどきだね!」とか

「意外と白髪あるんですね・・・」

など、言わないようにお願い致します😅

気になる部分別、市販白髪隠しおすすめ!

☆1位 気になるこめかみ もみあげの白髪に向いている、白髪隠しは

THROW ヘアカラーコンシーラー!


THROWカラーコンシーラー

メイクのパウダーファンデーションより、少し

粘性のある、白髪隠し専用のコンシーラーです!

気になる、こめかみやもみあげの白髪に

付属のスポンジで、塗るだけの簡単白髪隠しです。

もちろん、洗い流すと取れるタイプ。

持ち運びも便利!

さらに、このコンシーラーには、塩基性染料が少し

入っているので、毎日塗ると、若干染まります。

これは、助かりますね😼

☆2位の分け目には

ホーユーBigen 瞬間!ひと塗りでカバーです!

この白髪カバーは、マスカラタイプなのですが、

コームの先に、スポンジが埋め込まれており、

ブラシタイプよりも、髪が引っかかりにくく

とても塗りやすいです!

ブラシのマスカラタイプを使うより、断然Bigenの

瞬間!ひと塗りでカバーがおすすめ、

これもコンシーラー同様に、徐々に染まるタイプです!

3位 つむじ 4位 襟足はこれで決まり!

CIELO(シエロ)コーミングカバー

これは、マーカータイプで、先端についているアタッチメントで、頭皮につかないように工夫されているので、

見えにくい、つむじや襟足は、コームでとかすように

塗るだけなので、これが簡単だと思います。

結ぶことが多い方は、結んだ後に、

コーミングカバーで撫でるだけで、白髪を隠すことができます!

これも洗い流すと落ちるタイプです!

 

ということで、今回のまとめとしては

白髪染めをするなら、ターンオーバーに合わせて

4週間から6週間は間隔を開けてくださいね!

白髪が気になる2.3週間目には、白髪隠しを上手に使い

染めるまで、洗い流して取れるタイプの、

白髪隠しで、なんとかしのいでくださいね!

ということをお伝えいたしました!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です