「水素の力」で白髪染め後の活性酸素を除去

最近、私が取り組んでいる、

「ヘアカラー後の活性酸素の除去」

ヘアカラー後の髪の毛のキシキシ感や、ゴワゴワ感て、やはりヘアカラーに含まれる、アルカリ剤や過酸化水素水で、一気に髪の毛を酸化する事で起きる。

活性酸素が、髪の毛や頭皮に酸化ストレスが加えることは、決して、綺麗な髪を保つためには、避けたいもの。

最近注目された、水素の力。

ヘアカラー後に、その水素ケアで活性酸素除去を行った結果が、とても良かったのでご覧ください。

▷H2水素ケア

ヘアカラー後というのは、キューティクルを薬の力で開き、

その隙間から、髪の毛を脱色する脱色剤と、カラーを発色させる

酸化染料がゆっくりと膨潤して、髪が明るくなったり、アッシュ、ピンクといった、元々髪の毛にない色を表現することができる。

ここでも、赤字で示したように「酸化」という言葉があったように、

ヘアカラーを表現する上で、酸化は必須。

でもファッションとして楽しむために、また白髪を隠したりするのに

ヘアカラーはもっと大事。

▷酸化ストレスを還元する?

ヘアカラーで起きた、「酸化ストレス」

これを還元(取り除き戻す)するには、安全で効果的なものとして、最近「水素」が

注目されてきました。

水素の元素記号は「H」ですよね。

酸素は「O2」そのHとO2が結びつくことで、水となり外に排出される仕組み。(汗や尿)

薬品で還元するわけではないので、安全と言えるでしょう。

▷水素の効果ってホント?

嘘のような話ですが、水素水製造機や最近水素吸引器など、販売も多くなってきていて、ジムやヨガスタジオにも専用のアルミ缶を購入すると無料で頂けるサービスが多いと聞ききます。

決して効果がないことではないですが、水素の発生の仕方、あとは、水素濃度について深く知る必要があります。

実際にどうなのか、水素にはたくさん体にも髪の毛にも良い効果がある、

ということは聞いてますが、私たち素人は、細かく研究できるわけではありません。

安全性を確認した上で販売されているものを購入し、髪の毛にその水素効果を感じて、お客様に提供しているのです。

ただし、ただ単に水素がいいとなると危険もあるそうです。

慶應義塾大学の研究に「市販の水素ガス吸入機の危険」について

体に必要で安全な水素の濃度についての研究発表が掲載されていました。

“「市販の水素ガス吸入機の危険」大学ジャーナルより”

慶應義塾大学環境情報学部の武藤佳恭教授とMiZ株式会社は共同研究を行い、JIS規格「4%以上で爆発する」とされている水素が、実際には実測10%未満であれば爆発しないことを突き止めた。また、市販のH2ガス吸入機に対しただちに安全規制が必要であることも警告している。”

巷で発売されている商品でも、正しく水素を発生させ安全に、取り入れることのできるものと、そうでないものとがある様なので、しっかりと注意したいものです。

 

私たちが取り扱いしている商品は、Amazing J Worldのものを使用しています。

全て水素濃度が6%以下に設定だったので、安心しました。

 

まとめ

水素は安全にアンチエイジングをケアできることが、証明されている反面、消費者もしっかり理解して取り入れた方が良いですね。

ただ、髪の毛にはとても自然に効果が発揮されていたので、体に取り入れる前に髪の毛で効果を実感するのも一つかなと思います。

 

 

 

 

なぜ白髪が出てくるの?

みなさんこんにちは、染めても染めてもまた出てくる白髪。

あ!白髪!!!

洗面台の鏡を見るたびに、キラッとひかる白髪を見つけては、

つい抜いてしまいたくなる衝動に駆られますよね。。。

でもなんで、白髪が出てくるのか、最近解りつつあります。

その原因と、対策、更に予防について記事にしてみたいと思います。

 

▷白髪の原因

みなさんバルジ領域ってご存知ですか?

は?バジルって??

いやいや、バ・ル・ジ です。

髪の毛を作ったり、髪色を作ったりする、毛穴の中の組織。

バルジ領域について写真です。

出典:肝細胞医学のための教育研究拠点より

写真でもあるように、髪の毛は、元々色がなく、「白髪」で

そこに色素が注入されることで、自然な黒髪ができていたのです。

この黒髪の色素を「メラニン色素」というものなのですが、

黒髪にも個人差があって、明るい地毛の人、真っ黒な人。。

など同じ黒でも、微妙に違いがあるのも特徴です。

では、なぜ白髪になるのか???

それは、上の写真でもあったように、「バルジ領域」内で

作られる、毛を作る細胞の「毛包肝細胞」

色を注入する「色素幹細胞」

この色素幹細胞が、ほとんどの場合(ストレスなどの原因もあるが)

年齢と共に減少し、色素を注入しなくなるということなのです。

毛包幹細胞だけ頭皮から出てくるので、色のない「毛」

そう、「白髪」になるのです。

ここでも、人間の防衛本能が働き、頭を守るもので重要なのが、「髪の毛」

という優先順位から、先に「色素」を無くすそうです。

これを聞くと、なんとなく納得・・・でも白髪。。。

▷白髪を抜いても白髪がまた生えてくる?

そう。とても多いこの質問。

やはり、白髪になってしまった毛穴からは、ほとんど、また白髪が生えてくるのが現実。。

白髪の生える毛穴には、もう色素幹細胞が消滅してしまった…

なんと残酷な…

お肌の場合は、シワや、たるみ、といった形状で変化をして、変化に気づきにくいが、

白髪は、「色」で、明快な変化を感じてしまうので、より気付きやすいのが難点…

▷白髪を抜いてもいいの?

勿論白髪を抜いて、抹消したいところだがど、今度は立ち上がって生えてくる。

だから、抜くという行為はその一瞬は良いのだが、

ピョンピョン短いのが目立って生えてくるので、

周りの黒髪と馴染まなく、「白髪のアホ毛」のようなものが、

余計目立ってしまうので、できる限り抜くのは避けたいもの。。

できれば毛穴のことを考えると、抜くよりは、根本から短く切った方が、

また次に生えてくる髪のことを考えると安心です。

▷白髪に防ぐ方法は?

ぜひ欲しいですよね!

私も白髪さえなくなれば、もっと安心に、オシャレに楽しく、新しい世の中になると思います。

やはり白髪はいつまで経ってもネガティブ素材。

今一番、効果があると言われているのが、

「水素ケア」

水素には、抗酸化作用、還元作用があり、髪の毛の源でもある

「バルジ領域」まで

水素は働きかけるそうです。

水素には、悪玉活性酸素を体外に出す効果があることがわかっています。

水素医療研究所で行っている研究の情報ですが、

“悪玉活性酸素(2・OH)と水素(H2)が反応して、水(2H2O)へ変化し、無害な水として体外へ排出されるのです。

しかも、水素は最も小さい元素ですので、人体のどの組織よりも小さいのです。
人体の奥の奥深くまで容易にたどり着き、悪玉活性酸素を水へ変えてしまうという、非常に優れた性質を持った元素なのです。”

出典:水素医療研究所

細胞の消滅や減少は、老化。老化は体内の酸化から起きています。

マラソンや、激しい運動をした後は、「活性酸素」(使い古した酸素)

これが蓄積すると、疲れを感じます。

紫外線や、ストレス、ヘアカラーなど、頭皮にかかる負担を、

水素の力で少しでも、悪玉活性酸素を還元することで、

細胞の減少を遅らせることができ、また、「今のまま」では、

白髪になっていったであろう、黒髪の寿命も伸ばせるのではないか?

ということです。

水素ケアトリートメントでは、白髪染め後、頭皮に残ってしまう

活性酸素を取り除くケアをしています。

まずは、水素発生液を、お湯に溶かします。

残った液は、気になる手の甲にも効果絶大。

水素水を頭皮から髪の毛にしっかり塗布しています。

20分しっかり、水素を充満させたらそのままドライブローします。

上の写真がビフォアの写真。

年齢とともに変化した髪のシワが感じパサパサします。

そして、水素ケア後の仕上がり!!

髪のシワがなくなり、スリークナツヤが蘇ります。

髪の毛に水素は、非常に解りやすい効果を発揮します。

身近な予防策として、まず「髪の毛」も細胞が作り、その細胞は血液によって活性化され、さらに、その「血液」の源は、そう、『食べ物』なのです。

ですから、少なからずとも食事には気を遣いたいもの。。

俗に言う海藻や緑黄色野菜、お肉や魚、セサミン、イソフラボン、・・・

とにかく、バランスが重要だと思います。

無理なダイエットや、サプリメントなどに頼った栄養補給は

やはり、髪が痩せたり、白髪になりやすい環境になりやすいです。

なんでもそうですが、ストレスを溜めない程度に、気を使うのが良いかもしれません。

 

まとめ

白髪問題はつきません。。

私のお客様でも多くの方白髪染めをしています。

今後長く、白髪を隠すためにも、適切な染め方、そして

アフターケアが必要となります。

白髪が気になりだしたら、まずは美容師さんにご相談を!!