白髪隠しヘアマスからの塗り方・使い方・注意点

いつも、ブログを観て頂きありがとうございます!

今回は、お客様からの質問で、1番多い質問です😊

どうしても、サロンに行けないとき、

もうサロンに行かなきゃ行けないけど、根元の白髪が出てきてしまって…

そんな時、どうしたら良いの⁉️

 

という質問がとても多いです^_^



 

「コロナの自粛もかさなり、白髪が気になり、もう、本当に憂鬱だった!」

「だから、応急処置で出来る方法教えて!」

 

そこで、

実際に市販らせている、

『白髪ぼかし』

シャンプーで洗い流して、落ちる編を記事にしたいと思います!

今回の検証商品はこちらです!

『ブローネ・ポイントカバー』

ひと塗りでカバー!

※写真の商品は販売終了になっており、リニューアルされより良い商品に生まれ変わりました!

花王 ブローネ ヘアマスカラ 白髪用

 

 

▷ブローネヘアマスカラ

1番最初に発売されて、まずは一度買ったことがある方も多いかもしれません。

数年前までは、主流だった「ヘアマスカラ」

先端にブラシがついていて、用器内の一時専門剤(白髪に色が付着する)を

ブラシに付け、直接気になる白髪部分に塗布するものです。

一時染毛剤なので、夜、シャンプーをすれば、綺麗に洗い流せます!!

サロンで染めてから、3週間目のそろそろ染めに行きたいけど、

時間がなくていけない、最後の1週間はこれで凌そう(≧∀≦)




▷実際の使用感 「もみ上げ偏」

実際に、白髪が伸びてきた事を想定して、ウィッグを製作しました。

根元が1.5cm 伸びた事を想定して、

ブリーチカラーを白髪に見たてて検証します。

 

まず、一番気になるもみ上げ付近ですよね!

実際に、塗ってみましょう!

ポイントは、塗りたい部分を、ピンと張って、毛束を少し引っ張る

感じが塗りやすいです!

もし、引っ張らないで、テンションをかけないで染めた場合は、

ピヨヨヨ〜ンと、ブラシに毛が絡まって、付けたくないところまで

ついてしまうので、注意⚠️

エルセーヌ



 

▷実際の使用感 「フロント偏」

分け目の、顔まわりもすごく気になりますよね・・・

前髪があるスタイルだと、前髪で隠れるのですが、

分け目のあるヘアスタイルだと、モロに白髪の部分が目立ちます。

他の人の目線も、

“あれ・・ここみてるんじゃないかな・・”と

つい気になってしまうもの・・・

だからこそ、しっかり隠しておきたいですね☺️

もみ上げ同様に、染めたい部分をピンと貼るようにして、

ブラシにけが噛むように、もう片方の手でテンションをかけます。

 

同じところを、2往復くらい、ブラシを通すと、色がしっかり着きますね!

思ったより、しっかり隠れます!!

いかがですか???

白髪に見立てた、ブリーチの部分がいい感じに隠れましたね!!

 

ただやはり、もみ上げ同様に、しっかり塗りたいところにテンションを

かけていないと、ピヨヨンと変なけを引っ張ってきてしまいますので、注意⚠️

 

▷実際の使用感「仕上がり」

いかがでしょうか??

プロの私だから!!何となく初めてでも綺麗に染められましたが、

実際やってみると、非常に簡単に、白髪を隠せるのではないでしょうか??

白髪であればもっと少ないと思うので、一時的に隠すのであれば、

申し分がない商品だなと思いました!!

※最後に注意

白髪に付着する液は、速乾ですが、乾くまでに多少時間がかかります。

液を着けたすぐは、触らないように気をつけてください。

あと、汗などでも若干色が流れます。

洋服など汚してしまわないように、お気をつけて使用してください。

箱に書いてある、説明をしっかり読んでからのご使用をお勧めいたします。

 

まとめ

ブラシの扱いが少し、変な所から毛を引っ張ってきてしまうので

慣れるまでは、気をつけたいものですが、

コツさえ覚えてしまえば、どうしてもサロンににいけない時の

一時的な隠しであれば、非常に持っていて損がない商品です!