最新!女性の薄毛・細毛対策 1日3分の頭皮マッサージが重要!!毛髪化学研究会で学んだこと

先日、毛髪化学研究会に参加して、育毛や、薄毛対策について

たくさん話を聞くことができました。

男性であれば誰でも気になる、薄毛、抜け毛問題。

最近では女性も髪のボリュームや、

細毛について相談が多くなったような気がします。

年齢問わず、若い時から細毛で悩んでる方、

社会に出て急に薄毛が気になり出した方、そして、

ご自身の親を見て不安になる方など、

若い時とは違う心配事が増えたような気がします。

この、遺伝ばかりは、一般の私達にはどうにもできないなぁ…と

ただ、病気と一緒で、育毛も毎日のシャンプーや私生活の意識で

後に引き延ばすことができるのは確かです。

▷薄毛の原因

男女共通して、薄毛の原因ていったい・・・

遺伝!?とよく聞くけど、ほんと??

という質問が多いです。

薄毛になる順番を私なりにつけてみました。

 

1位 遺伝

2位 ストレス

3位 シャンプーの仕方

です。

先に、薄毛、育毛、健康な頭皮を育む商品を先にお伝えしておきますね🤗

まずは、電動頭皮ブラシ!

 

 

やはり、自分だとモミモミするの難しいですよね・・

最近の電動シャンプーブラシの性能が高いです。

一度家電量販店で、サンプルがあるので、触ってみるのも良いでしょう!

リファ、やパナソニックからも同じような電動ブラシが発売されていますが、

NIPLUXの商品はお求めやすい価格なのに、ハイパフォーマンスなので、

マッサージはこれで十分です。

次は、女性用の育毛シャンプーで、皮膚科医の先生もオススメしている

スカルプDボーテ薬用スカルプシャンプートリートメント

 

男性用のものは数多くあるのですが、女性用でのスカルプ系

シャンプートリートメントは少ないです。

特に、抜け毛が気になるお客様が、皮膚科に相談したところ、スカルプD

を勧められたそう。

ヘアトニック付きセットもおすすめです。

 

最後に女性ホルモンをゆっくりとコントロールしてくれる、

年齢とともに変化する、体調やターンオーバーのお助けサプリとして有名な

「エクエル」大塚製薬

 

女性ホルモンのコントロールにとても効果的で、腸の働きを整え、女性のターンオーバーに必要なエクオールの分泌を促すエクエルは、かなりおすすめです。

 

では本題!

女性の抜け毛、細げが気になり出した方必見!

その理由と改善策

1位 遺伝

遺伝では、自分の両親や、ご家族の頭を見て、驚愕したこともあります。

きっとこうなるだろう。。。と想像がついてしまうのが本当に嫌なもので。。

女性も例外ではなく、やはり遺伝は、両親の要素を受け継ぐもの。

もちろん遺伝と言っても、父親や、祖父の遺伝だけではないようです。

注目したいのが、母親や、祖母などの髪の要素もあるということ。

体質は、母親似だけど、顔や髪は父親にだな・・

など、パーツによってもしっかり特徴が遺伝されているもの。

父親が、薄毛でも、母親が多毛であれば、薄毛になりにくい

要素があるかもしれません。

2位ストレス

現代社会では、切ってもきれない、非常に重要なこと。

まず、ストレスを無くすのは、いきなりは難しいかもしれませんが、

仕事中や勉強中、考えている時などやはり、頭皮が固まってきます。

しかし、頭皮は腕や足のように動いている訳ではないので、やはり

誰かの手によって、頭皮を動かす運動をすることが、とても重要です。

しかも、頭皮は1日一回のシャンプーの時しか動かしてもらえない・・

たまに聞く、髪が短いから、ささっと洗っている方だと、

殆ど頭皮を動かすことがありません。それだと、

頭皮の血流が結構が滞って来ます。

改善方法

そして、睡眠で横になる時間を増やす

消して怠けることではなく、起き上がっている状態は、

血液が下に流れやすいです。浮腫みやすいです。

当然、心臓のポンプの力で、頭頂部まで血液を運搬していると思いますが、

やはり、寝そべっている時の方が断然、血液は流れやすいです。

例えば、一本挿し薔薇の花がお辞儀している状態を思い浮かべてください。

花瓶に入った水を吸い上げる力が弱くなり、枯れる寸前・・

そんな時に、花瓶から一輪のバラのくきに、湿った布で覆い

横に倒しているだけで、また元に花が立ち上がるのってご存知ですか?

頭頂部まで、血液を送り込もうとするのであれば、

寝ている状態も非常に重要です。

だからこそ、育毛にも、ストレスにも「睡眠」は非常に重要だと言えます。

3位 シャンプーの仕方

実にシャンプーって面倒ですよね・・・

さらに、乾かす作業もセットですもんね・・

疲れて帰った後に、気持ちの良いはずのシャンプーが

忙しい毎日に追われて、少し適当になっていませんか??

特に女性は、髪が長いかたも多いと思うので、特に洗いにくいかもしれません。

シャンプーの正しい洗い方は、

まず頭皮を洗うことと、髪を洗うことを分離して考えましょう。

髪は、正直、シャンプー剤の泡をクシで撫でるだけでも、

汚れは取れます。むしろ、ガシガシ擦り合わせない方がいいです。

ダメージの度合いにもよりますが、カラーや、パーマなどで、キューティクルが

開いていたら、ゴシゴシ擦ると絡まります。

なので、擦らず、コームで溶かすようなイメージで良いでしょう。

次に頭皮です。

シャンプーの一番重要なのが、

頭皮を動かすということ。

指の腹で優しく、撫でる。。ではNG。

頭皮は、健康な髪の毛を生やすために必要な土壌です。

畑の食物でもそうですが、ホクホクとした土壌と、適度な水分あないと

美味しい野菜は育ちません。

頭皮でも同じことが言えます。

頭皮には、頭蓋骨から厚さ3mmの皮膚の厚みが必要と言われています。

頭皮が硬くなっていると、頭皮の厚さが2.5mmくらいになり、

毛細血管からの血流が滞ります。これが、細毛・薄毛の原因!!

元気で健康な髪を育むには、やはり、上質な血流を促す、ほぐれた頭皮です!

1日一回のシャンプーの時にぜひ、頭皮を動かすような運動を3分を目安に

行うと、1ヶ月くらいで効果が出てきますよ🤗