白髪の切り方 【抜く・切る・諦める】

みなさん、美容師さんに『白髪、抜いちゃダメです!』

とか、言われたことはないですか??

私のお客様でも、白髪が生えてきてしまい、

衝動で抜いてしまったお客様も非常に多いです・・・

ファーストグレイ(初めて白髪が出てきた)の方で、

一度は、抜いてしまった・・と言う方も多いと思います。

白髪は抜いても良い物なのか・・

それとも、切った方が良いのか・・

いや、仕方がないから、諦めてそのままにしておくか・・

▷白髪は抜いていい場所と、抜いてはダメな場所がある

 

私の見解ですが、図を作りました。

理由があります。

トップや、顔まわりは特に白髪が気になりますよね。。

しかし、図で示した、グリーンのゾーン。

薄毛や、細げになりやすいゾーンです。

ルーのゾーン、毛量が多く、殆ど薄毛にならないゾーンです。

特に男性でも分かりやすいですが、

グリーンのゾーンだけ薄くなり、ブルーのゾーンだけ薄毛てる人はいないです。

もちろん女性でも、男性ほどではないですが、トップの髪や、フロントの髪

が細毛や薄毛になりやすいです。

だからこそ、グリーンのゾーンは、できる限り毛穴の

損傷を少なくするためにも、抜かない方がいいと言えます。

最悪、ブルーのゾーンは、ほぼ薄くなることは少ないので、

もみ上げの白髪や、首元のみつえりの部分で、特に気になり

やすい部分に関しては、抜いてしまっても良いのかな。。。と思っています。

口臭歯磨き粉【クリアラボトゥースジェル 】

▷なぜ抜くとダメなの?

私のお客様が白髪を抜いているという方も、多いのですが

抜いた後も必ず白髪です。

しかも、ニョロニョロとうねった白髪が出てきます。

もともとストレートヘアだった方でしたら、すごく目立ちます。

癖毛の方は、もっとちぢれた白髪が出てきます。

本当に目立ちます。

どうやら、抜いたときの衝撃で、毛穴が損傷してしまうようで、

毛穴が真っ直ぐな方向を向かないことが理由です。

例えば、トコロテンの穴が、潰れてしまったようなイメージです。

▷切るとどうなるの?

白髪は切った方がまだ良いのですが、しかし、数日は良いのですが

切った後の毛は、短いので、ぴょんぴょん出てくるのが早いです。

でも、未来の髪の毛のためにも抜くよりは良いです。

分け目付近に生えてきた白髪を切った際は、

毛の流れに沿わず、短い白髪が立ち上がって生えてきてしますので、

数日で気になりますが、何度も言いますが、抜くよりは良いです。

もみ上げもすぐに白髪が出てきます。もみ上げは染まりにくいし

色が抜けるのも早いので、あまりにも気になるようであれば、

もみ上げの白髪は抜いてしまっても良いと思います!

ただ、量が増えすぎてしまったら、まめに染める方が楽チンなので

そこまで白髪が増えてしまったら、まずは美容師さんに相談しましょう。

▷白髪の切り方

ハサミは、工作ハサミより、刃先が尖っておる物あおすすめです。

先日娘に、白髪を切ってもらったのですが、

子供に、美容師のハサミを使わせるのは、少し危険だったので、

工作バサミで、切ってもらいました。

できれば、自分でやらない方がいいです!

黒い毛まで切ってしまうので・・・

丁寧に一本ずつ切りましよう!



▷白髪になる前に、レーザー脱毛

今私がお勧めしているのは、

もみ上げの一番したの産毛に近い毛や

みつえり、の形の悪い部分、結んだ時に出てきてしまう、みつえりの毛は

黒いうちに、レーザー脱毛をお勧めします。

毛って不思議なことに、もみ上げやみつえりの毛が

太くなてきたりします。。

嫌な表現かもしれませんが、ヒゲのようなもみ上げの生え方になったりましす。

そうなる前に、もみ上げ、みつえりは綺麗に整えることをお勧めしています。

部分脱毛だと比較的、相談しやすいと思うので、いかれている所があれば

ぜひ、美容脱毛のお店の方にも相談して見てください!

 

 

 

 

 

白髪予防と抗酸化作用とアンチエイジング/水素の力で還元

最近よく耳にする「水素」。

その水素には、様々の効能があり

幅広く活用されるようになりました。

さて、水素の効能にはどんなことがあるのでしょう??

水素の効能について

▷白髪抑制

年齢とともに変化するもので、特に気になるのが

『白髪』

なんと、高濃度の水素は、白髪抑制する効果があるのです!

水素は宇宙一小さい元素。

だから、皮膚からも浸透が可能です。

水素の効果って?

水素の一番の効かは、活性酸素の還元(排出)。

では活性酸素は、どうしてできるのでしょう??

人は活動するために、息を吸い、食べ物から栄養を摂取します。

その糖と酸素を燃やしてエネルギーを生み出し、活動します。

しかし、酸素を取り入れて、作り出したエネルギーの

副産物として現れるのが活性酸素です。

あまり聞こえが良くないかもしれませんが、使用済み燃料なもの・・

そしてその活性酸素は日々体内で作られます。

年齢とともに、活性酸素が還元されにくくなり、デトックスされないことから、

必要な細胞を減少させ、老化を促進するそうです。

もちろん、髪の毛が生える頭皮にも、紫外線などによる生活酸化などから

『バルジ領域という毛や髪の色を作る細胞』を減少させ、

徐々に髪の毛に色素を注入しなくなることで、白髪が増えていくのです。

怖い・・

でも、高濃度水素を頭皮から浸透させることで、活性酸素を排出し

バルジ領域の中にある、色素肝細胞が減少しないように活性化させます。

その水素の抗酸化作用により『白髪抑制』につながるのです。

▷髪のシワを取り除く

髪のシワ??と思うかもしれませんが、

年齢とともに髪質の変化を感じる方も多いかもしれませんが、

うねったり、パサついたり・・

実は、その髪質の変化が、髪のシワが原因です。

お肌にも年齢とともに、小ジワができたりするのと

同じイメージです。

髪の毛にも水分を蓄える部分と、髪を撥水する部分があり、

そのバランスが崩れることで、髪のうねりや、膨らみが出るようになります。

さらに、度重なるヘアカラーやパーマによる酸化ストレス(サビダメージ)

より髪の水分バランスを崩し、纏まりにくい髪質に変わります。

高濃度水素は、その崩れた水分バランスを整え、そして、酸化ストレスを

還元する効果があり、髪の毛を元に戻す効果もあります。

イメージは中学生の頃の髪の毛です!

ビフォア・アフターの写真をご覧ください。

いかがですか?髪のパサつきや傷みを感じさせない艶が出ていますね!

コテやストレートアイロンは入れてないんです。

軽く表面だけブラシを通して乾かしただけです。

 

▷ヘアカラーのダメージを「0」にする

ヘアカラーには、明るくしたり、白髪に色を入れたり、暗くしたり

ただ塗るだけなのに、様々な作用があります。

体に悪い・・と思っていても、ついお酒を飲んだり、ジャンクフードを

食べてしまうのと同じように、ヘアカラーも消して、

髪に負担のないものではありません。

高濃度水素は、その蓄積したヘアカラーによる酸化ストレスを

取り除く効果があります。

負担があるからって、カラーをしないわけにはいかない・・

美味しいものを食べたり、お酒を飲んで楽しんだりすることで、

気持ちが高揚するのも健康の一つですし、白髪を染めて髪を綺麗にしたり、

ヘアカラーをしてオシャレを楽しむことで、高揚感が得られ、

生きる豊かたを感じられることから、やはりヘアカラーやパーマは、

生活に取り入れていきたいものです。

最新の研究で活性酸素を上手に排出し、細胞の減少を軽減できるようになった昨今、安全で効果的な高濃度水素を上手に取り入れ、

髪の毛をより綺麗にし、健康で健やかな毎日を過ごすことができるのではないかと思っております。

 

まとめ

これからもっと水素についてたくさんの情報が出てくると思います。

そして、もっと身近に水素を取り入れることができるようになると思います。

ヘアカラー やパーマをした後でも、髪の毛と頭皮を健全に保てるよう常に新しい

情報を提供できるようにしてまいります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

、その活性酸素を還元し、

無害な水として排出されるので、とても安全で効果的と言えるでしょう。

 

「水素の力」で白髪染め後の活性酸素を除去

最近、私が取り組んでいる、

「ヘアカラー後の活性酸素の除去」

ヘアカラー後の髪の毛のキシキシ感や、ゴワゴワ感て、やはりヘアカラーに含まれる、アルカリ剤や過酸化水素水で、一気に髪の毛を酸化する事で起きる。

活性酸素が、髪の毛や頭皮に酸化ストレスが加えることは、決して、綺麗な髪を保つためには、避けたいもの。

最近注目された、水素の力。

ヘアカラー後に、その水素ケアで活性酸素除去を行った結果が、とても良かったのでご覧ください。

▷H2水素ケア

ヘアカラー後というのは、キューティクルを薬の力で開き、

その隙間から、髪の毛を脱色する脱色剤と、カラーを発色させる

酸化染料がゆっくりと膨潤して、髪が明るくなったり、アッシュ、ピンクといった、元々髪の毛にない色を表現することができる。

ここでも、赤字で示したように「酸化」という言葉があったように、

ヘアカラーを表現する上で、酸化は必須。

でもファッションとして楽しむために、また白髪を隠したりするのに

ヘアカラーはもっと大事。

▷酸化ストレスを還元する?

ヘアカラーで起きた、「酸化ストレス」

これを還元(取り除き戻す)するには、安全で効果的なものとして、最近「水素」が

注目されてきました。

水素の元素記号は「H」ですよね。

酸素は「O2」そのHとO2が結びつくことで、水となり外に排出される仕組み。(汗や尿)

薬品で還元するわけではないので、安全と言えるでしょう。

▷水素の効果ってホント?

嘘のような話ですが、水素水製造機や最近水素吸引器など、販売も多くなってきていて、ジムやヨガスタジオにも専用のアルミ缶を購入すると無料で頂けるサービスが多いと聞ききます。

決して効果がないことではないですが、水素の発生の仕方、あとは、水素濃度について深く知る必要があります。

実際にどうなのか、水素にはたくさん体にも髪の毛にも良い効果がある、

ということは聞いてますが、私たち素人は、細かく研究できるわけではありません。

安全性を確認した上で販売されているものを購入し、髪の毛にその水素効果を感じて、お客様に提供しているのです。

ただし、ただ単に水素がいいとなると危険もあるそうです。

慶應義塾大学の研究に「市販の水素ガス吸入機の危険」について

体に必要で安全な水素の濃度についての研究発表が掲載されていました。

“「市販の水素ガス吸入機の危険」大学ジャーナルより”

慶應義塾大学環境情報学部の武藤佳恭教授とMiZ株式会社は共同研究を行い、JIS規格「4%以上で爆発する」とされている水素が、実際には実測10%未満であれば爆発しないことを突き止めた。また、市販のH2ガス吸入機に対しただちに安全規制が必要であることも警告している。”

巷で発売されている商品でも、正しく水素を発生させ安全に、取り入れることのできるものと、そうでないものとがある様なので、しっかりと注意したいものです。

 

私たちが取り扱いしている商品は、Amazing J Worldのものを使用しています。

全て水素濃度が6%以下に設定だったので、安心しました。

 

まとめ

水素は安全にアンチエイジングをケアできることが、証明されている反面、消費者もしっかり理解して取り入れた方が良いですね。

ただ、髪の毛にはとても自然に効果が発揮されていたので、体に取り入れる前に髪の毛で効果を実感するのも一つかなと思います。

 

 

 

 

なぜ白髪が出てくるの?

みなさんこんにちは、染めても染めてもまた出てくる白髪。

あ!白髪!!!

洗面台の鏡を見るたびに、キラッとひかる白髪を見つけては、

つい抜いてしまいたくなる衝動に駆られますよね。。。

でもなんで、白髪が出てくるのか、最近解りつつあります。

その原因と、対策、更に予防について記事にしてみたいと思います。

 

▷白髪の原因

みなさんバルジ領域ってご存知ですか?

は?バジルって??

いやいや、バ・ル・ジ です。

髪の毛を作ったり、髪色を作ったりする、毛穴の中の組織。

バルジ領域について写真です。

出典:肝細胞医学のための教育研究拠点より

写真でもあるように、髪の毛は、元々色がなく、「白髪」で

そこに色素が注入されることで、自然な黒髪ができていたのです。

この黒髪の色素を「メラニン色素」というものなのですが、

黒髪にも個人差があって、明るい地毛の人、真っ黒な人。。

など同じ黒でも、微妙に違いがあるのも特徴です。

では、なぜ白髪になるのか???

それは、上の写真でもあったように、「バルジ領域」内で

作られる、毛を作る細胞の「毛包肝細胞」

色を注入する「色素幹細胞」

この色素幹細胞が、ほとんどの場合(ストレスなどの原因もあるが)

年齢と共に減少し、色素を注入しなくなるということなのです。

毛包幹細胞だけ頭皮から出てくるので、色のない「毛」

そう、「白髪」になるのです。

ここでも、人間の防衛本能が働き、頭を守るもので重要なのが、「髪の毛」

という優先順位から、先に「色素」を無くすそうです。

これを聞くと、なんとなく納得・・・でも白髪。。。

▷白髪を抜いても白髪がまた生えてくる?

そう。とても多いこの質問。

やはり、白髪になってしまった毛穴からは、ほとんど、また白髪が生えてくるのが現実。。

白髪の生える毛穴には、もう色素幹細胞が消滅してしまった…

なんと残酷な…

お肌の場合は、シワや、たるみ、といった形状で変化をして、変化に気づきにくいが、

白髪は、「色」で、明快な変化を感じてしまうので、より気付きやすいのが難点…

▷白髪を抜いてもいいの?

勿論白髪を抜いて、抹消したいところだがど、今度は立ち上がって生えてくる。

だから、抜くという行為はその一瞬は良いのだが、

ピョンピョン短いのが目立って生えてくるので、

周りの黒髪と馴染まなく、「白髪のアホ毛」のようなものが、

余計目立ってしまうので、できる限り抜くのは避けたいもの。。

できれば毛穴のことを考えると、抜くよりは、根本から短く切った方が、

また次に生えてくる髪のことを考えると安心です。

▷白髪に防ぐ方法は?

ぜひ欲しいですよね!

私も白髪さえなくなれば、もっと安心に、オシャレに楽しく、新しい世の中になると思います。

やはり白髪はいつまで経ってもネガティブ素材。

今一番、効果があると言われているのが、

「水素ケア」

水素には、抗酸化作用、還元作用があり、髪の毛の源でもある

「バルジ領域」まで

水素は働きかけるそうです。

水素には、悪玉活性酸素を体外に出す効果があることがわかっています。

水素医療研究所で行っている研究の情報ですが、

“悪玉活性酸素(2・OH)と水素(H2)が反応して、水(2H2O)へ変化し、無害な水として体外へ排出されるのです。

しかも、水素は最も小さい元素ですので、人体のどの組織よりも小さいのです。
人体の奥の奥深くまで容易にたどり着き、悪玉活性酸素を水へ変えてしまうという、非常に優れた性質を持った元素なのです。”

出典:水素医療研究所

細胞の消滅や減少は、老化。老化は体内の酸化から起きています。

マラソンや、激しい運動をした後は、「活性酸素」(使い古した酸素)

これが蓄積すると、疲れを感じます。

紫外線や、ストレス、ヘアカラーなど、頭皮にかかる負担を、

水素の力で少しでも、悪玉活性酸素を還元することで、

細胞の減少を遅らせることができ、また、「今のまま」では、

白髪になっていったであろう、黒髪の寿命も伸ばせるのではないか?

ということです。

水素ケアトリートメントでは、白髪染め後、頭皮に残ってしまう

活性酸素を取り除くケアをしています。

まずは、水素発生液を、お湯に溶かします。

残った液は、気になる手の甲にも効果絶大。

水素水を頭皮から髪の毛にしっかり塗布しています。

20分しっかり、水素を充満させたらそのままドライブローします。

上の写真がビフォアの写真。

年齢とともに変化した髪のシワが感じパサパサします。

そして、水素ケア後の仕上がり!!

髪のシワがなくなり、スリークナツヤが蘇ります。

髪の毛に水素は、非常に解りやすい効果を発揮します。

身近な予防策として、まず「髪の毛」も細胞が作り、その細胞は血液によって活性化され、さらに、その「血液」の源は、そう、『食べ物』なのです。

ですから、少なからずとも食事には気を遣いたいもの。。

俗に言う海藻や緑黄色野菜、お肉や魚、セサミン、イソフラボン、・・・

とにかく、バランスが重要だと思います。

無理なダイエットや、サプリメントなどに頼った栄養補給は

やはり、髪が痩せたり、白髪になりやすい環境になりやすいです。

なんでもそうですが、ストレスを溜めない程度に、気を使うのが良いかもしれません。

 

まとめ

白髪問題はつきません。。

私のお客様でも多くの方白髪染めをしています。

今後長く、白髪を隠すためにも、適切な染め方、そして

アフターケアが必要となります。

白髪が気になりだしたら、まずは美容師さんにご相談を!!

 

 

 

若白髪の方が増えてきています!!

先日、ヘアカラーの開発チームのとある方から

興味深いお話を聞きました。。

最近「若白髪」が非常に増えているという事。

もっと話を聞いてみると、

まさに2000年以降からというのが

興味深い話。

私もその話を聞いてから、電車に乗る際に、女学生や男子学生の

髪の毛を見ていると(あまり見すぎると変な人と間違えられるので気をつけてます)

やはり、多いような気がします。

そこで、「若白髪」の原因について考えてみました。

[the_ad id=”394″]

 

▽食生活の変化

 

白髪になる原因として、やはり血液の源となる食事。

近年、世界中の美味しい料理を当たり前のように口にすることできますよね🤩

食事が楽しくなり、好きなものを食べることができ、食の豊かさを感じます。

朝はパンに始まり、昼はパスタ。

夜は焼肉‼️

なんて、最高な1日ですよね^_^

それ以外にも、スターバックスの〇〇フラペチーノとか、タピオカミルクティー、

マカロンに、フルーツタルトなど、40代の私の時代には、オシャレスイーツといえば

「ティラミス」しかなかったのに・・

今では本当に豊富になりました。

そんな誘惑が多い時代に、わざわざ、味噌汁や納豆、漬物、などの発酵食品

は、なかなか手を出さないですよね・・・

さらに、ラーメン、コンビニのお惣菜の揚げ物、など「油」を多く取っているデータが

農林水産省からのデータからも読み取れます。

 

食生活の変化と若白髪

参考資料:農林水産省 我が国の食生活現状と食育の推奨

これらを見ると、昔ながらの質素な日本の食事というよりは、

肉を中心とした食が増え、お肉や穀物が中心の欧米化に近ずいてるのでは?

上記のデータも2007年のものなので、さらに海外からの食品の輸入が

増えている様に思います。

では、欧米化と「若白髪」の関係は?

▽食生活の欧米化も若白髪へ?

食生活の欧米化「若白髪」も関係しているのではないか・・

とも言われています。

日本人やアジア人のメラニンタイプは、黒髪を作るユウメラニン(赤メラニン)

欧米人のメラニンタイプはフェオメラニンといって、黄色いメラニンの

色をしています。

なので欧米人は、生まれつき白髪の様な金髪が生えるのです。

最近、地毛自体も明るい学生が増えています。

ヘアカラーをしなくても、すでに自然に茶色くなっている子もよく見かけます。

最近では、「地毛茶色い子が増えたなー」と「ハーフのこが増えたなー」

という感じがいたします。

地毛が茶色い=色素が薄い

ということになりますので、やはり血液の源でもある食事はかなり

大きな要因になっているのではないでしょうか??

 

▽白髪になる原因

白髪になる原因は、メラノサイトという細胞が枯渇する事。すなわち

髪の色を作る作業が活性化されず、活動をやめてしまい、白髪のまま

伸びていくのです。

細胞の活性化は、血液から運搬される栄養素からなり、

その栄養素の偏ると体へ負担や、頭皮の活性化にも繋がっています。

頭皮には、体と同じ様に、毛細血管は張り巡らされていますが、

頭皮には、ふくらはぎの様な筋肉がないため、頭皮は血を吸い上げる力を

持っていないので、頭皮の毛細血管まで、血液を促すには、

横になって寝るか、頭皮マッサージなどで活性化するのが

良いのではないかと思います。

立ちっぱなし頭皮の運動をしないと、毛細血管が硬くなり、

健康な毛髪が育たない、毛穴の環境になってしまいます。

そうすることで、細胞の働きが弱くなり、「白髪の原因」に繋がりやすいので

本当に要注意です!

男性の場合は、薄毛の原因にも繋がりますので、

毎日のシャンプーの時や、パソコン仕事で疲れた時は、

意識的に頭皮を動かすことも大事です。

脱線してしましましたが、

テーマは「若白髪」に戻すと

ストレスも大きな要因です。

▽ストレスによるもの

最近の若い世代と、我々の世代と大きな違いは

スマートフォンです。

いつでも手元にあって、連絡が来るとベルが鳴ったり

バイブが鳴ったりと、知らぬ間にスマホ漬けに鳴ってる

若い世代の子は多いのではないでしょうか。

学生のミッションは、学校に行って学ぶこと。

そして、宿題の最中にスマホが鳴って、LINEの返信、

ついでにインスタチェックなど、宿題やっているのに

なかなか手が進みませんよね・・・

宿題をやらなきゃいけないけど、スマホが見たい!!インスタのストーリーが観たい!

友達に返信なきゃ!!など我慢することも

昔に比べると多くなっていると思います。

さらに習い事や塾にも行き、部活もやっていたら、忙しくて仕方ありません。

敏感な学生さんは知らぬ間にそう行ったストレスが

血流のバランスを崩し、若白髪などに繋がっているのではないかと

思います。

 

まとめ

「若白髪」、電車で見かけた、学生さんたちの若白髪は

みなさん、染めていない子も多く、また、白髪を切っている子もいます。

確かに友達同士でも気づかれてしまい、コンプレックスに

思っている子も多いと思いますが、これから更に若白髪の

子が増えるとも言われています。

ある程度、進化の過程や環境問題にも繋がってしまうので

変えられない現実もありますが、できる限り若白髪で

お悩みの方などは美容師さんに相談することをお勧めいたします。