いつもご覧いただきありがとうございます。

▽ボブに合うパーマスタイル

一度ボブまで髪を切ってしまうと、なかなか伸びなくて

ヘアスタイルに飽きてしまいますよね??

仕事で髪は明るくカラーをできないし、

しかも梅雨時期は髪がまとまらないし・・・

そんな方は、パーマでイメチェン!がオススメ!

 

・Jカール(顎下ボブ)

まず挑戦しやすい、Jカールパーマ。

毛先にアルファベットの「J」くらいのカールを作り、

サラサラしたボブから、毛先が遊ぶラフな印象を与える

Jカールパーマです。

最近、上手に毛先だけカールアイロンで、巻いている方を

多く見かけます。

アイロンだけのスタイリングは、持ちが悪いですよね??

しかも夕方のデートまではさすがに持続しません。。。

Jカールパーマはそのアイロンで巻いた毛先のカールを持続させる

補助的な役割もありますよね!

まずは、毛先だけ、ポイントでJカールのパーマをかけると

スタイリングの幅が広がりますよ!

 

・弱い「S」カール

次は、ゆるい「S」字のようなウェーブパーマ。

注意点は、短いボブに「S」字パーマをかけてしまうと

少し老けた印象に😅なてしまいうので要注意!!

ポイントは、顎下から肩にかかる手前の、伸びかけボブ。

そんな伸びかけボブに最適なのが、緩い「S」パーマです。

パーマの強弱は美容師さんの腕次第になってしまいますが、

弱い「S」字パーマは、ダレた無造作感がお洒落ポイント!

使用するスタイリング剤は、ソフトムース

まずは、ドライヤーで、根元の水分を乾かし、

8割くらいまで乾かします。

ムースを手の平全体に馴染ませて、

全体的に満遍なくムース付けた後、毛先を持ち上げるように

スタイリングします。注意点は、パーマを引っ張らないこと。

緩い「S 」字を描くようなスタイリング。

 

鎖骨ぐらいまで伸びた方は、毛先の方だけ弱「S」パーマ可愛いですよね??

 

・外国人風「S」字パーマ

ハイファッションがお好きな方は、強いSパーマも可愛いですよ!

外国人の地毛のようなクリクリした印象o(^-^)o

ボブ?というよりは、少し段を入れた方が

フワフワして可愛いです。

スタイリングは、ソフトムースと、ライトなワックス。

フワフワと動かすスタイルなので、ハード系のスタイリング剤は

避けた方が良いです。

パーマのスタイリングは基本的に、

ドライヤーで乾かしすぎないのが鉄則!

乾かしすぎてしまうと、せっかくかけたパーマが伸びてしまい、

パーマが、かかっていないような中途半端な

スタイリングになってしまいます。

外国人風パーマは、根元の方からかけるので、

少しスタイリングも難しいのですが、しっかりスタイリングの方法を

担当美容師さんに伝授してもらって、フワフワにすると、

周りとの差別ができる、新鮮なヘアスタイルになりますよ!!

外国人風パーマは、絶対にハイトーンのカラーが必須!!

髪の毛が暗いままパーマをかけてしまうと、

フワフワところか、ボッてりとした重たい印象になってしまうので

要注意です!!

 

まとめ パーマの種類も豊富になり、髪をいたわりながらかける

コスメ系のパーマや、巻いたロッドが温まる、ホット系パーマ。

さらに、温風でパーマをかけるエアウェーブなどたくさんあります!

まずは、美容師さんに理想に近いパーマの写真を持っていくのが大事です!

そこで髪のダメージや、レングスなど確認していただき、理想のパーマスタイルに近ずけていきましょう!

 

 

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる